2016年は、1月の日銀によるマイナス金利導入後に住宅ローン見直し相談のご依頼が急増し、新規のご相談を一時お断りするような事態も生じて一部の方にご迷惑をおかけしてしまいました。

それぞれのご相談にきちんと時間をかけて対応したいという思いと、できるだけお待たせしないで相談をお受けしたいという思いの板挟みで頭の痛いところではありますが、効率性を優先してひとつひとつの相談がおろそかにならないように、丁寧に対応させていただくことは守っていきたいと思っています。

今年も「家計シミュレーションで予定した通りに子供が生まれました!」という嬉しいご報告を何件もいただきました。
そんな喜びに満ちたご家庭に、家計面での安心をご提供できるように、これからも頑張っていきたいと思います。