プレナスFP事務所は東京都日野市のファイナンシャルプランナーです。住宅ローン、保険見直し、家計見直し等お気軽にご連絡ください。

教育資金相談

教育資金相談の一般的な流れ

1)想定する進学コースや子育てについてのお考えの確認
まずは理想やご希望で結構です。「こんな子育てをしてみたい!」から始めましょう。
2)教育費用の見積り
お稽古事の種類や数、学習塾への通い方でも教育費用は大きく変わってきます。
3)家計的に無理がないか「家計シミュレーション」でチェック
住宅ローン返済やご夫婦の老後資金準備もしながら、安定した家計を維持できるかどうか確認。
4)教育資金準備プランの作成
いつまでにいくら貯めるか、毎月いくら積み立てるか、どうやって貯めるか等、具体的にプランニング。

住宅ローン相談のポイント

家計シミュレーションで教育資金の「貯め時」をチェック!

高校まで公立を想定されている家庭でも、中学生になると学習塾代に加えて食費やお小遣い、携帯代等も増えるので、徐々に家計に余裕がなくなってきます。特にお子さんが何人もいらっしゃるご家庭では、教育資金を貯めるゆとりがある時期はそう長くはありません。
教育資金の「貯め時」は家計シミュレーションを行えば一目瞭然です。お子さんが小さいうちは家計にゆとりがあるので財布のひもがゆるみがちですが、「今いくら使っても大丈夫か」ということもわかるので、お稽古事や家族旅行等への出費も計画的にできるようになります。

老後資金の準備も忘れずに!

晩婚化の影響もあって、お子さんが独立した後で夫婦の老後資金を貯める期間が十分にないご家庭が増えています。公的年金の給付水準削減が予想されるため、多くの家庭では、子育てをしながら夫婦の老後資金も並行して貯める必要があります。
プレナスFP事務所の教育資金相談では、ご夫婦の老後の生活資金も見通した上で、無理のない教育費用の想定と準備方法をアドバイスいたします。

相談料金はこちら

土日の相談もお受けします TEL 042-507-7330 お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © プレナスFP事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.