これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(免除期間等含む)が25年以上必要でしたが、今年の8月から10年に短縮されます。

私の知人にもこれまで年金を払っていなかったけれど、これを機に納付を始めた方がいます。
その人は昨年子供が誕生し、「遺族年金」や「障害年金」について知ったことが加入の決め手となりました。家族を守ろうという気持ちが行動を促したのですね。

老後保障、死亡保障、障害保障の3つを兼ね備えた国民年金は、民間の保険にはまねができない優れた保険です。しかも、現時点では、受け取り始めて約10年で納付した保険料を回収できます。
マスコミでは年金制度の問題点が強調されがちですが、基本的にはすばらしい制度だということも知っておきたいと思います。